ぶちぬきロンブー

ぶちぬきロンブー

テレビ番組。テレビ東京、毎週金曜日午後5時25分-6時00分。2005年4月より放送開始。2006年3月に放送終了。

吉本興業所属タレントが司会の帯番組ぶちぬき」の1パートで、ロンドンブーツ1号2号が担当。

通常はSHIBUYA BOXXから生放送。

レギュラー出演者に安田美沙子夏川純、「いもうと」。

放送内容

田村淳司会、アシスタントに夏川という進行役。ミュージシャン紹介中は二人は将校みたいな赤いコートを着ているんですが、どういう意図があるんでしょうか?

(2005年4月-) 熱唱! ワンフレーズソング

出演する(アマチュア)ミュージシャンに、週によって決められたテーマに沿った曲をワンフレーズだけ歌ってもらい、審査員(田村亮:こちらは席についている間だけ水色のジャケットを着ている,安田,ゲスト1名。この3人という構成は2006年1月現在も続いている)の投票(各持ち点2点)で5点以上獲得するとワンコーラス披露することができる。

注) この頃編者はあまり番組を見ていなかったのでうろ覚えです。

(2005年6月-) 昭和の名曲アレンジ祭り

過去「ワンフレーズソング」に出演したミュージシャン4組に規定の「昭和の名曲」4曲からそれぞれ1曲*1を選んでアレンジしてもらい、披露してもらう。4組の中からその週のチャンピオンを決定する。

2005年9月まで、

ワンフレーズソングを何回か→アレンジ祭りを挟む*2というパターンで番組が進んでいたが、10月よりアレンジ祭りを軸に企画を練り直している。

(2005年10月-) 昭和の名曲アレンジSP

1回の放送で4組+前週の最後にチャンピオンだった1組が登場。勝ち抜きシステムで、続けて3組の挑戦者に勝つと、グランドチャンピオン大会に出場できる権利を獲得できる*3。3組勝ち抜きのミュージシャンが誕生すると、次に登場するグループは演奏して暫定チャンピオンとなり、王座についたあと3組勝ち抜くことが求められる。

もうひとつこれまでの昭和の名曲アレンジ祭りと違うのは、4組中1組の「芸人*4枠」があり、笑いを取ったり真剣に歌ったりと多様。一般人と混ざって参加しているが公正な審査が行われているせいか、芸人枠の組がチャンピオン席に座ったことはほとんどない。

12月23日に行われたグランドチャンピオン大会ではその出演ミュージシャン全員(阿部将、vague、高橋知秀、High-style)が番組制作のCDに参加できるという発表がされた*5

(2006年1月-) 昭和の名曲アレンジバトル

同一の「昭和の名曲」を2組がそれぞれアレンジして出来を審査員が判定する企画。

題目は2曲なので参加ミュージシャンは4組。余った時間はアレンジCD速報(3月22日発売)に充てられている。

ゲスト審査員(主な)

*1:番組の演出としてかもしれない。真実はわからないが。

*2:夏頃からはアレンジ祭りばかりだった気がする。

*3:これによる弊害も。vagueが話していたが、一度チャンピオンになるとグランドチャンピオン大会までの間の放送には出演できなかったらしい。

*4:≒吉本タレント? 過去エントリーレギュラー友近2丁拳銃レイザーラモンHGなど。

*5:その後、2006年1月13日に放送された、過去曲のリクエスト特集で1位になった保刈あかねを含めた5組が参加することになった。